速読術は英単語の記憶と相性抜群です。

速読は、英語の英単語を記憶するのに相性抜群です。

そもそも速読術は、本を速く読む技術ですよね?

速く読めると、繰り返し何度も読む時間ができます。

また英単語は、昔から繰り返し読むことで覚えるものです。

有名な忘却曲線の法則で考えると、

ある一定の間隔を置いて、繰り返し英単語を覚えることで、

忘れる率が、どんどん少なくなるはずです。

そして最終的には、ほぼ100%近く覚えられるはず。

人間の脳の仕組みがそうなっているので、これを利用しない手はありません。

だから速読と英単語の記憶は相性抜群なのです。

速読が出来ると、英単語の本を、初めから最後まで目を通しても、

そんなに時間がかかりません。

*この段階で覚えているかどうかは別です。

速読でどんどん繰り返します。

すると、覚えている英単語が、少しずつ増えてきます。

最初は「この英単語は見たことあるな」くらいの感じですが、

次第に「知っている」に変わってきます。

その割合がどんどん増えていく仕組み。

しかも速読では、同じ本なら、読む回数が増えるほど、読むスピードもアップするので、

相乗効果があります。

英単語の記憶に慣れたら、

英熟語、英会話などの本にも速読は応用できますよ。

スポンサードリンク

スポンサードリンク






速読 初心者入門講座 TOPへ