速読とは?

速読 とは、簡単に言うと、「本を速く読む技術」のことです。

例えば、これまで一冊読むのに、2時間かかっていた本が、10倍の速度なら、12分で読むことができます。

2時間 = 120分
120分 ÷ 10 = 12分

5倍でも24分で読むことができます。
120分 ÷ 5 = 24分

本を読むために、1日2時間も時間を確保するのは大変ですが、30分なら何とか確保できそうな時間だと思います。

通勤や通学の移動中や、休み時間などを利用すると、決して無理な時間ではありません。10分間の3回でもいいのです。寝る前の30分でも良いでしょう。

12分ならもっと簡単に確保できます。すると、ちょっとした空き時間で、1冊読むことができます。

したがって速読は、5倍~10倍程度でも、十分に実用的なスピードです。

1日1冊のペースで本を読むことができれば、1年間でなんと365冊です。

1年間で100冊以上本を読んでいる人は少ないですから、それだけでライバルに差をつけることができます。

本を読むことだけに限らず、現代社会では、仕事の多くの時間が、文字を読むことに使われています。

書類を読んだり、インターネットで調べ物をしたり、自分で文章を書くときも、繰り返し文字を読みます。

したがって速読できれば、仕事の時間の大半を、短縮することができます。

また、5倍~10倍程度の速読なら、自分で習得できるメリットもあります。

仕事をしていると、なかなか速読教室に通う時間が無いと思います。仕事で疲れた後に、教室に通うには、意志の強さが必要です。

そこで、この「速読初心者入門講座」では、誰でも簡単に自宅で速読が学べるように、速読のノウハウを公開します。

目標は、5倍~10倍程度の読書スピードアップを目指しています。

この速読入門講座を機会に、速読に興味を持ち、「もっと速く読めるようになりたい」、「もっと本格的に学びたい」と思った時に、速読教室を検討してみるとよいでしょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク






速読 初心者入門講座 TOPへ