速読 目の焦点を合わせて、3Dで立体的に見る練習をする。

速読 のトレーニングで、よく行なわれるのが、目の焦点を合わせる練習です。

人間は無意識のうちに、対象物に目の焦点を合わせています。でも焦点を意識することで、普段とは違った見え方がするので、試してみてください。

3Dで立体的に見えるようにする方法には、「平行法」と「交差法」の2つがあります。

両方ともできるように練習してください。

*無理はしないように注意しながら練習しましょう。


【1】まずは平行法です。

黒い丸が2つあります。
speedReading-01.gif

少しずつ、黒い丸より奥に目の焦点を合わせると、最初は丸が4つに増えます。

そのうち2つの丸が重なり、3つに見えるポイントがあるので、目の焦点を調節してください。

上手くできると、以下のようなイメージで見えます。
speedReading-06.gif

真ん中の丸が濃くはっきり見え、左右の丸は少しボケた感じになります。真ん中の丸が、少し浮き出して見える人がいるかもしれません。

最初は浮き出て見えなくても大丈夫です。

コツは、ディスプレイの後ろにある壁などに、目の焦点を合わせるような感じで見ることです。

目の焦点が対象を平行に通過し、後ろで合うので、平行法と言います。


【2】次は交差法です。

同じ図を使って、今度は逆に、ディスプレイよりも前で、目の焦点を合わせる練習をします。

speedReading-01.gif

上手く出来ると、黒い丸が3つになり、重なります。

コツは、目を中央に寄せる感じです。

上手くいかない人は、ディスプレイの前で、鉛筆やボールペンを持って、そのペン先に目の焦点を合わせるように調整してみてください。

ペン先を前後させると、焦点が合うポイントがあります。

目の焦点が対象より前で交差するため、交差法といいます。


【3】丸の色や距離を変えて、目の焦点を合わせる練習をしましょう。

平行法、交差法の両方が、いつでもできるように、練習してください。

・緑色
speedReading-02.gif


・青色
speedReading-03.gif


・黄色
speedReading-04.gif


・赤色
speedReading-05.gif

距離が遠くなると、少し難しくなると思いますが、頑張ってください。

ただし無理はしないように注意してください。休むことも大事です。


【4】最後にイラストで試してみましょう。

speedReading-07.gif

どうですか?少しは立体的に見えるようになったでしょうか。

平行法、交差法の両方で試してみてください。

3Dで立体的に見えるようになると、速読のトレーニングが、一歩前進です。

スポンサードリンク

スポンサードリンク






速読 初心者入門講座 TOPへ