速読 短時間で意識を集中するトレーニング方法について。

速読 には、意識を集中するトレーニングが有効です。

速読をしている時は、自然に意識が集中します。逆に言うと、意識を集中することが上手くコントロールできると、速読の習得に近づくということです。

今回は、短時間で簡単に集中できるトレーニング方法について紹介します。


【1】まず、真ん中の黒い丸を20秒~30秒見てください。

speedReading-24.gif

しばらくすると、丸の中や周りが、白っぽく見えてきます。

これは「補色」により、もう一つ白い丸が見えているためです。補色とは、その色の反対になる色のことです。

補色の白丸が移動することで、黒丸の中や周りが白っぽく見えているわけです。この丸は意識的に移動できます。

補色が見え始めたら、目を閉じてください。補色で「残像」が見えたら成功です。

集中できている時は、丸がはっきりしたり、大きく見えることもあります。


【2】次は「青丸」の場合はどうなるか試してください。

speedReading-26.gif

オレンジ色の残像が見えれば成功です。


【3】「赤丸」の場合はどうでしょうか?

speedReading-25.gif

青緑色の残像が見えれば成功です。


【4】今度は「速読」という文字で試してください。

speedReading-29.gif

文字の場合は、難しいですよね。

そこで少し工夫してみます。


【5】文字は意識せず、黒丸を見るつもりで見てください。

speedReading-28.gif

補色が見え始めたら、目を閉じます。

丸の中に「何か二つあるな」と感じられる程度でOKです。文字がはっきり見えなくてもかまいません。

大事なのは、補色で残像を見ようとしている時は、「自然に意識が集中」している状態になっているということです。

集中しようと頑張らなくても、自然に集中しているということが大事なのです。

また、自分自身でコントロールしている感覚を味わってください。頑張るというよりは、楽しむ感覚です。

「集中できない!」と思った時は、このトレーニングを数分間行なうことで、簡単に集中できるようになります。


【注意点】
ディスプレイを長い時間見つめていると、目が疲れるので、できれば紙に印刷して練習するとよいでしょう。

決して無理をしないように注意してください。長時間行なう必要はありません。

スポンサードリンク

スポンサードリンク






速読 初心者入門講座 TOPへ