速読 複数行を同時に見る練習をしてみましょう。

速読 の「目の動きの練習」をしている時に、人によっては、見ている行の左右の行(または上下の行)まで、はっきり見えるかもしれません。

その場合は、複数行を同時に見てください。すると見るスピードが、もっと速くなります。


・縦の場合のイメージ
speedReading-36.gif


・横の場合のイメージ
speedReading-37.gif


練習の方法は、縦の目の動き、横の目の動きと同じです。

図も前回までと同じものを使ってください。大中小3つの図を使って行ないます。

最初は大きな黒丸からはじめます。行頭と行末の黒丸をしっかり見て、ゆっくり視線を移動します。慣れてきたら徐々にスピードアップしてください。

これまでと違うのは、複数行同時に見ることを心がけることです。2行だけでなく、もっと見える人は、それ以上の行でもかまいません。

2行同時の場合は、視点を行間において移動するとよいでしょう。3行同時の場合は、2行目に視点をおくと、左右(または上下)がよく見えます。

人間は「見よう」と頑張れば頑張るほど、視野が狭くなります。コツはリラックスして、「軽い気持ち」で見ることです。

また、目の動きが雑にならないように、最初は焦らず、ゆっくり練習してください。

大きな黒丸に慣れてきたら、中小の黒丸でも練習してください。

文字を軽く見る感覚が掴めると、視野が広がり、速読のスピードが速くなります。

スポンサードリンク

スポンサードリンク






速読 初心者入門講座 TOPへ